2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


人間関係を
上手く構築できない
のは何故だろうか
何を恐れるわけじゃない。誤解など解けばよいものだ。
ただ自分が傷つけることをずっとずっとずっとまだ怖がってる。
薄皮1枚で繋がる関係を無理矢理に保護するくらいならば、いっそカッターで裂いてしまえ。縁があるのならそれでも新しい細胞が、そこを、塞ぎ繋ぐだろう。と思っている。
しかしそれはすなわち逃げにすぎない。
ずっと考えてる。
どうして群れなきゃ生きて行けないのか?
生きる上に必要なのは一体なんだ?
どうして他者の存在がよりどころとなるのか?
まだ解らない。
でも少なくとも独りで生きられるほどまだまだ強くもないのも事実。

馴れ合って笑うのは簡単ではない。常に裏切りの恐怖と連携の圧迫に苛まれて生きなければならないからだ。
そこに一体何の安寧があろうか。
けれど世間の半分以上の人はそうして生きてるのも事実。
体が群れから離れるのを恐れている。
どうやって生きても心の安息は訪れはしないのだろうか。
擦れあう心と触れない体、遠く離れた場所に自由を求めて、けれど近くにある安寧を手に入れるほうがはるかに簡単だろうし、それは当たり前のことだ。